為替レートと金利には無視できない関係がある

為替レートが変わることで、円高や円安になると、銀行の金利が変わります。逆に金利が変化することによって、為替レートも変化するのです。この関係を理解すると、これから日本の、あるいは世界の経済状況がどうなるのかという予測がある程度できるようになります。世界のお金の流れの基本の部分になるので、知っておいて損は無いと思いますよ?

金利とは
簡単な言葉を使うと、金利とは利子のことです。貸したり借りたり預けたりしたお金の量、時間によって、一定利率で支払われるお金ですよね。日本の場合中央銀行は日本中の銀行に大きな影響力を持っていて、中央銀行の金利を変更するとそれに続いて日本中の銀行の金利が同じように変更される、ということは頭に入れておいた方が良いでしょう。

為替相場の変動による金利の変動
為替相場が円高になると、海外から輸入される物の物価が下がります。物価が下がるということは、企業が得られる収入が減るということなので、一般的には不況であると考えられます。その場合は、銀行の消費者に対する信用の低下や、国の政策的な消費行動促進のために、金利は下がるのです。
一方、為替相場が円高になると、輸入品は値上がりし、物価は上昇します。この場合は好況の時のようなふるまいを市場がしているので、金利は逆に上がります。

金利の変動による為替相場の変動
日本とアメリカの例で考えてみましょう。日本の金利がアメリカよりも高くなった場合、アメリカの金融商品よりも日本の金融商品に投資しようとする人が増えるので、ドルを円に換える人が増え、お金がアメリカから日本に流入することによって円高ドル安になります。
また、逆の場合、日本の金融商品よりもアメリカの金融商品に投資する人が増えて、円をドルに換える人が増えるので、お金が日本からアメリカに流入して円安ドル高になるのです。

一つ注意しなければならないのは、これらはあくまで一般的な場合に起こることであって、円高でも不景気な場合やその逆の場合も考えられ、違う結果になることもあります。頭に入れておきましょう。

ウォーターサーバー

別れさせ屋 東京

着物買取

シマックス

着物買取

サブページ

  • TOP
  • 為替レートの仕組みを知ると、世界のお金の流れがわかる!
  • 為替レートはなぜ変わる?円高、円安のメカニズム
  • 意外と知らない!?札番でみる価値のあるお札
  • になる!使われなくなったお金ってどうなるの?
  •